タグ:旅行 ( 7 ) タグの人気記事

連休後のお楽しみ3

連休が終わると・・・・第2日曜日は母の日です

毎年何かしてくれる娘たちから、今年は母の日に何もなく
次女なんてその事には全く触れようとしません



いつもちゃんとしてくれる娘たちですから
何か変だなとは思いましたが
その日用があった長女から「母の日は来週するからお楽しみに」とメールがありました
「気にしなくていいよ~~」と返信したんですけど・・・・・
長女が用で来れないから二人で来週何か買ってくるのかな?って思ってました




予告通り、1週間遅れて思わぬプレゼントがありました
それが・・・・・
予期せぬ凄いプレゼント




それは淡路1泊の旅だったんです
私と主人が、7月と来年の1月の誕生日で60歳を迎えるので還暦家族旅!




私たち夫婦にはもちろん内緒の計画です




なので、この日が近づくと娘はまず主人にだけ
土曜日はなっちゃんの誕生日会をするから会社は休んでほしいと嘘の報告
それは主人だけに話していたようで

私は次女がなっちゃんの誕生日ケーキを日曜日に予約したのを知っていましたから
日曜日が誕生会だと思ってました

旅行の2、3日前に私は次女に
「なっちゃんの誕生日日曜日でしょ、なっちゃんの好きなもの何を作る?」って次女に聞いたら
なっちゃんたこ焼きが好きやからたこ焼きパーティーがいいと言います



ここまでは、まずまずの予定通りの進行だったよう




何も知らない私たち夫婦
金曜日の朝、主人から突然私に「日曜日出勤になった」と

私が「日曜日はなっちゃんの誕生日会なのにぃ」って言うと
主人は「あいつら、土曜日になっちゃんの誕生日するって言うとったぞ!」

「え~~!、チャウチャウ日曜日にケーキ予約してたもん」って




主人が出勤した後娘に
「お父さん日曜日出勤になったんやて
   土曜日に誕生日のお祝いの食事してケーキは日曜日でもいいよね」って



娘はソワソワ、なんかいつもと様子が違います





私たち二人には旅行の事は隠しているもんだから
その後大慌てで次女は長女に連絡

長女は主人に慌てて電話をかけて日曜日休めないのかと・・・・
主人にはサプライズを言うしかありません




そして夕方、私にも娘たちは
3月くらいから母の日、父の日、そして私たちの誕生日向こう1年分
今年還暦を迎える私たちにサプライズの家族還暦の旅を計画してくれたことをばらしたんです

まさか主人が日曜日出勤になるなんて
半年に1回くらいの出来事なのに
サプライズその日にかち合うとはね(笑)





サプライズを計画した娘たちは、思わぬハプニングで右往左往となりましたが
主人は会社の人の好意で出勤を交代してもらえたようで
みんなで淡路旅行の旅となりました



ホテルへの交渉係は長女の旦那様
還暦旅行をプレゼントする旅行とホテルに伝えたら
c0198148_646506.jpg

赤いちゃんちゃんこは貸してくれたそうです
他に花束とかも用意してもらっていたそう

そしてお揃いのTシャツは
なっちゃんのお父ちゃんが私たちの似顔絵を描いて準備
飾り付けも、私たちがお風呂に入ってる間になっちゃんのお父ちゃんが準備したそうですよ~




まず、土曜日の朝一番に我が家を全員で出発
c0198148_6522846.jpg


淡路は主人の方のお墓もあり
1年に1回は出かけますから結構いろんなところに行って知ってますが
その中でも行ったことのない、楽しそうなところを考えてくれて・・・・




最初に淡路と言えばお線香が有名
お線香の会社に行って、お香づくりの体験をしました
c0198148_655229.jpg


c0198148_71405.jpg




お昼は生しらす丼





そして午後からはお墓参り
c0198148_73377.jpg

c0198148_742667.jpg

お寺の本堂の前で全員パチリ!






ホテルでのお祝いは本当に感激!
c0198148_793832.jpg
ご飯も美味しかったです~~~




c0198148_7204215.jpg
翌朝の日の出も
早起きして見てから朝ぶろに!




ほんとうに大感激!!





2日目は、拭き戻しの手作り体験
c0198148_7143141.jpg


そしていろんな拭き戻しを体験しました~~
c0198148_7181617.jpg




最後に花桟敷
c0198148_7252354.jpg




あっという間の楽しい2日間でした
[PR]
by j-kakesu | 2016-05-22 07:30

おそば便り

黒豆で有名な兵庫県丹波地方
そして丹波と言えばは篠山


今回は・・・・
その、丹波篠山の篠山城跡近くのお蕎麦屋さん

花格子に行ってきました


妻入り造りの商家が立ち並ぶ中の一軒

c0198148_7335099.jpg


そば粉にこだわった十割そばです

c0198148_735646.jpg

私は鴨汁蕎麦


ここは鴨肉の他に
鴨肉のつくねも入っていました

白ネギは焼き目が付いていて香ばしく
今まで食べた中では一番カモ
(*^m^*)


鯖ずしも美味しいと聞いていたので・・・
c0198148_7375759.jpg

鯖の〆具合がいいですねぇ
でも、もう少し酢を効かせた方が好きですが
間に木の芽が・・・
いい塩梅に香りが鼻に抜けてきます

鯖の酢っぱさは木の芽の風味を損なうので押さえていたのかもしれません




久々に主人も美味しかったと・・・・
満足したようです





このお蕎麦屋さんの近くのパン屋さん

自家製の天然酵母にこだわったパン屋さん

白殻五粉(しろからごふん)

大好きな無花果とくるみのカンパーニュを買いました
それと一番売れてるとおススメの札が付いたもっちもちブール

c0198148_7463697.jpg


好きな厚さにスライスした後
霧を吹いて、2分ほど焼くのが一番おいしい食べ方だそうです




無花果とくるみのカンパーニュは
今まで食べた中で一番小麦の味が感じられました
もっちもちブール(丸い食パン)も
噛むほどに風味が感じられます



どうやらこの甘さは自家製、オーガニックレーズンから採取された
天然酵母菌にもよるみたい
然酵母パンは酸っぱくて硬いイメージが強いですが
きちんと酵母を取ることが出来ると気になる酸味もなく
もちっとして味わい深いパンが作れるんだって



確かに美味しい!でも・・・・

無花果とくるみのカンパーニュ、大人の男性の握りこぶしくらいで¥550
それより一回り大きいもっちもちブールが¥460
毎日は( ̄へ ̄|||) ウーム

酵母だけ分けてほしいです(≧m≦)ぷっ!




丹波篠山にお越しの時はお立ち寄りください
お味は私が保証します




店のまわし者ではございません
お店から〇ー〇〇もいただいておりませんよ~~~
ヾ(@^▽^@)ノわはは




今日のお弁当は

c0198148_75453.jpg

トマトとバジルのロールキャベツ
卵焼き
おジャガとブロッコリーのバター醤油炒め
切干大根の煮物
[PR]
by j-kakesu | 2010-02-22 08:03 | Comments(4)

ブロ友

旅行に行ったのは9日前・・・

もう1週間が過ぎました!早!




ところで今回の旅行中「玉の湯」さんにブログのお友達が訪ねて来てくれました
遠いのにありがとう♪



私がブログを初めてすぐにコメントを下さった方です
彼女のブログの中に登場するご主人と息子さんも一緒です



ブログを読みながらどんな人かと
ずっとずっと想像していました



想像通り笑顔が素敵な方、って・・・・
関西のおばちゃん二人の漫才(普通のおしゃべりですけど、多分漫才に聞こえたと思います)に
笑ってばかりでしたからヾ(@^▽^@)ノ



ご主人も優しそうで人柄が笑顔に出てます
息子さんも、まだ幼さが少し残ってる優しそうな高校生!
ブログの中のやんちゃぶりはその容姿からはうかがえない
素直そうな今時の男子!
あんな息子が欲しいと思いました

おばちゃん腕組んで写真写しちゃいました~~
嫌がらずに写ってくれましたよ

c0198148_717747.jpg

いえ、嫌だったかもしれませんが嫌な顔しないで写ってくれました
優しいねぇ~~
[PR]
by j-kakesu | 2009-11-28 23:55 | Comments(4)

中年、修学旅行 その4

由布院温泉2日目



ミルキーにも起こされないし
ゆっくり寝ていてもいいはずなのに・・・・・

なんと言う事5時30分に目覚めるとは!



みんなを起こさないようにそ~とベッドから抜け出して
1階のお風呂に入りました

c0198148_017572.jpg

かけ流しの木風呂

朝から、極楽!極楽!

乾いた喉は由布のミネラルウォーターで喉をうるおして・・・・



そうこうしてるうちに6時
友達も起きてきました

まだ熟睡してる一人を部屋に残し
3人で露天風呂へ!

c0198148_0252061.jpg


露天の空はまだお星様が・・・
のんびり浸かっているうちに
白んできました

ああ、極楽!




その後の朝食は
c0198148_0264030.jpg


フレッシュりんごジュースに始まって
自家製ピクルスが入ったサラダ

ヨーグルトのようなチーズ「フロマージュ・ブラン」にはブドウとゆずのジャムをトッピング

由布院産フレッシュチーズは岩塩とオリーブオイルで
    そして久住高原の生ハムはフレッシュクレソンを巻いていただきます

緑のスープもクレソンです
苦くな~~~い!

トーストも美味しかったのですが
      おかわりは・・・もう無理です!

最後にスペイン風卵料理と季節の果物にコーヒー

朝からよくまあこんなに食べられたものです
ヾ(@^▽^@)ノわはは



c0198148_7241091.jpg

最後にテラスと
玉の湯さんの前で記念撮影



あちらこちらを散策しながら駅へと向い





由布院駅から博多までは「ゆふいんの森2号」で・・・
博多からは再び新幹線で日常へと帰ってきました




そうそう
今回の旅行でも、ちろん雨には遭いませんでしたよ!

晴れ女の私と友達がいるんですから
傘なんて要りません(≧m≦)ぷっ!

雨は私たちを避けて
ゆふいんの森号に乗った途端に降り出しました



ゆふいんの森号に乗車してすぐ
売店にお弁当を買いに行って並んだんですが・・・・

何と何と、今回の旅行で食べたかったP-ロールが売られているじゃないですか~~

一切れですが丁寧に箱に入れられ保冷剤も入っていましたので
みんなに1個ずつお土産に買いました

c0198148_040615.jpg


生クリームとスポンジとの分量がジャストマッチ!
甘ったるくなくって美味い!



最後に思い残したものが手にはいいて心から満足して帰途につけました




帰る前に娘たちにメールしたんですがその返事に思わず目がテンになりました

先に次女からのメールでは
「楽しめたようで良かった良かった!
    家に着くまでが遠足です!」


で、あとから来た長女のメール
「家に着くまでが遠足やで~~~きをつけてー!」

喧嘩ばかりしていた二人なのに、「家に着くまでが遠足や」なんて同じ言葉に思わず
ヾ(@^▽^@)ノわはは



これでおばさんの修学旅行は終わります






今日のお弁当は
c0198148_7354989.jpg

煮しめ
蛇腹キュウリのゆかりまぶし
卵焼き
ミンチカツ
[PR]
by j-kakesu | 2009-11-26 07:41 | Comments(7)

中年、修学旅行 その3

玉の湯さんのお食事は敷地内のレストラン「葡萄屋」さんでいただきました



c0198148_23562111.jpg



季節の小鉢に旬の山菜の等の盛り合わせ
c0198148_7121352.jpg




珍しかったのが
自然薯のすりおろしたものの周りにかけてるお出汁と思いきやポンズ
カボスの果汁かしら?
おからの煮物ももうっすらとカボスのお味がしました?ゆずかな?



大皿の盛り合わせにも
お刺身にもカボスのくし切りが添えられてます



やっぱり大分ですね




               でも、このお吸い物は
                ゆずをくりぬいた中に張られて
                それを蒸あげてます
                 ん~~旨い!
c0198148_7175423.jpg





メインディッシュはお好きなものから・・・
まぼろしの放牧牛のステーキ
ひれ肉のステーキ
しゃも鍋

お肉と鍋を2人分ずつで
みんなで分けっこして食べました




後は田舎風煮込み
山女の塩焼きに
揚げ豆腐




ご飯?もう頂けませ~~~~ん




お鍋の中のお野菜もお肉も残ってますが
せっかくだからとそれらを引き上げて
ご飯はお雑炊にしてくださいました




写真なんて途中からは撮るのも忘れてましたよ

ヾ(@^▽^@)ノわはは

c0198148_7264830.jpg
御馳走様!




本当に美味しかった






ところで由布院と湯布院の違いですが・・・・

昭和30年に由布院町と湯平村が合併して湯布院町となったそうです

合併以前には“湯布院”という“湯”の字の付く地名がなかったので
今は町全体を言うときは湯布院
昔からある地名などは由布院と“由”の字を使うそうです
たとえば由布院温泉、JR由布院駅、由布岳というようにね

湯布院の“湯”の字を使うのは比較的新しい言葉と町全体を指すときだそうです
湯布院観光協会とか湯布院旅行とか湯布院映画祭りなど・・・・
気をつけなくっちゃね、


それとあと先になりましたが
ゆふいんという地名の由来ですが・・・


それは昔、私たちが生まれてない
ず~~と、ず~~と、ず~~と昔・・・奈良時代のこと
湯布院にはコウゾが群生してて
その維をほぐして木綿がつくられました

木綿はゆふと呼ばれ、紙を祭る幣帛に使われたとても貴重なもの
それが由布院のゆふの名の由来です

そして平安時代にはこの里に稲などの租税を収蔵する倉院が設けられ
ゆふの院と呼ばれ、いつしか由布院の名が定着したんだって!





それでは今日のお弁当

c0198148_7564614.jpg

かき揚げとお芋の天ぷら
カレーナンキン煮
豚ロールの韓国ダレ焼き
卵焼き
ほうれん草の胡麻和え
[PR]
by j-kakesu | 2009-11-25 08:11 | Comments(8)

中年、修学旅行 その2

博多から由布院への高速バスが到着したのは
由布院駅前のバスターミナルで
時間は4時を少し回ったところでした



駅前のお土産物屋さんで場所を確認して
どのくらいかかるか尋ねると
徒歩で約20分と言う事でしたので
散策しながら歩いて行く事にしました



駅前を真っ直ぐに行って
橋を渡ると道が二股に分かれていて右の方を進みます
その二股に分かれている所のケーキ屋さんに
めちゃめちゃ人だかりが

そこを横目にお土産物屋さんを見ながらのんびりと・・・
床屋さんを過ぎて右に曲がり
まっすぐ突き当り!
玉の湯さんに到着しました

c0198148_7375399.jpg



フロントのある建物に入ると
すぐにその隣の建物に案内されました

c0198148_740229.jpg


そこは読書室で
自由に読書とコーヒーが味わえるとか・・・
本で囲まれたソファにくつろぎ、お茶とゆずねりと言うお菓子を頂き
宿帳に名前を記入




玉の湯さんから施設の案内を受けた後
「この後のご予定は?お風呂にはいられますか?」って聞かれたので

無量塔の喫茶室でP-ロールというケーキを食べたい事を伝えると
すぐに電話で問い合わせしてくださいました

残念ながら人気のそのケーキは売り切れと言う事で
無量塔に行くのは断念

まずはお部屋まで・・・・



c0198148_7574947.jpg

客室は広い敷地内に「はなれ」として18室が個建になって点在しています

私たちの建物までは

c0198148_7444448.jpg

この石畳を
まっすぐ進んで
右に曲がります


                       お部屋に行くまでは
                        こんな素敵な演出が・・・
c0198148_759937.jpg




c0198148_7595575.jpg
私たちが泊った部屋は
「くひな」

格子戸をあけると1階に部屋風呂だけあります
かけ流しの木のお風呂です


そして2階への階段を上がると・・・・



廊下があり扉が3っつ
真ん中の扉を開けるとリビングになっていて

左はベッドルームで北欧の白木ベッドが二つ並び
右の和室では炬燵があたたかく迎えてくれました

廊下の両突き当りは洗面所とトイレがそれぞれあります


もちろん真ん中のリビングから直接左右のお部屋にも行けますし
リビングから和室にかけてはテラスがあってお庭が望めます



こんな豪華なお部屋は初めて・・・・



その後は夕食まで金鱗湖を散策して
亀の井別荘の売店「鍵屋」を見ました



鍵屋を出ると外は真っ暗
他のお土産物屋さんもすべてお店を閉じていました


聞いてはいましたが
あまりの早さにびっくり

日常を離れ湯布院でのんびりと過ごせるような演出になっているそうです



そんなゆったりと時間の過ぎる空間の中を過ごしてきました
明日は夕食にご案内します




ここからは日常のお弁当

c0198148_820467.jpg

カキフライ
卵焼き
ひじきの煮物
高野豆腐の含め煮
ピーマンの焼きびたし







ベッドルームにはベッドが2つ並んでいます
隣はリビング

そしてその隣は
由布院へ行くって決まると速攻に
さるび~さんが湯布院の観光本を送ってきてくれていまして・・・

それでとりあえず行った時一番に
[PR]
by j-kakesu | 2009-11-24 08:32 | Comments(7)

中年、修学旅行 その1

思えば前回パスポートを取って行った韓国旅行は
2000年の今ごろでした



その時は同じ部活で3年間同じクラスだったYと
2年の時に同じクラスだったT
それに私・・・・・
高校時代からの大親友3人の珍道中だったんです




その時も、数年積み立ててツアー旅行に参加しての韓国旅行でしたが
楽しくって楽しくって




それを知った我が家のお向の奥さまが
「いいな~~、私も参加したいわ~」なんて話していたんです

私の友達は「多い方が楽しいやん!一緒に行こうよ!」ってね




関西のおばちゃんはすぐ仲良くなりますから
4人で積み立てがまた始まって今回に至りました~~


c0198148_1458177.jpg




高校時代からの3人組にお向の奥さま一人・・・・
大丈夫?って

私が間に入って・・・・な~~んてご心配は無用!




私がいなくても、お向の奥さまは
同じ高校時代からの友達のように馴染んでますから~~~~
   あっ、年は少し若いので友達はちょっと失礼かな?ヾ(@^▽^@)ノわはは





今回は土曜日に出発したんですが
その週の火曜日にYの娘さんが新型インフルエンザにかかり
木曜日になっても熱が下がらず
行けるかどうかやきもきしたんですよ~~




幸いに金曜日に少し熱も下がり
土曜日にみんな揃って出発と相成りました!




新神戸10時22分発の新幹線のぞみ9号で博多まで・・・




いつもギリギリのYには
遅れたら駅弁の選択権利は無いからと伝えました




私と向の奥さんHさんとTは9時40分くらいに改札前で出会い
どうせYはまだでしょうと3人でお茶してて
そろそろメールでもあるかなと携帯を見ると
w(*゚o゚*)w10分ほどYを待たしてました~~




ごめんごめん!って事で4人で新幹線の中で食べる駅弁を選んでホームに




乗る新幹線の1本前は3分違いなんですねぇ
本数が多くて驚きです

なんせ前回新幹線に乗ったのは????
思いだせないくらい昔です(^_^;)

3分差で衝突しないのか心配でした(≧m≦)ぷっ!




無事、先の新幹線にも衝突しないで博多に到着!




ところで、新幹線に乗る前のコーヒーと車内でのビールで
博多に着く前に2回もトイレに行ってしまったわ(*^.^*)エヘッ
それでなくても、おばちゃんはトイレが近いのに・・・




博多からは高速バスで由布院です

博多交通センタービルに移動して3階のターミナルへ・・・
ひとり2800円ですが4枚つづりの回数券の利用で一人2000円
お弁当代が浮きました~~




なんて、お金の事は心配しなくていいのに主婦ですねぇ
すぐお金の損得を考えちゃいます





すっかり修学旅行気分で湯布院に4時過ぎに到着しました
[PR]
by j-kakesu | 2009-11-23 14:52 | Comments(6)